ミュージカル『ザ・デイサービス・ショウ It's Only Rock'n Roll 』

★我が身を解き放つ快感、笑ったり泣いたり手拍子で

 那覇市タイムスホールで11月27日に上演されたミュージカル『ザ・デイサービス・ショウ』(作・音楽:山口健一郎/演出・振付:本間憲一/プロデュース:中尾ミエ)を観にいってきた。

 おもしろかった。

 ミュージカルの醍醐味は、あまり深刻に考えず舞台と一体となって笑ったり、ちょっと涙をながしたり、体をゆすっていっしょに手拍子で我が身を解放する、そこにあるのではないかと思う。『ザ・デイサービス・ショウ』も、そうだった。

 音楽がとてもよくできていて、聴きごたえ充分。主演の中尾ミエさんをはじめ、脇役というには失礼なほどの芸達者な出演者たちが、ショウをおおいに盛り上げた。

★同時代を経てきていまがある、観客に一体感

 「デイサービス」「高齢者」「認知症」など、ともすれば暗くなりがちなテーマを明るく、こころほっこり、またはほろりとみせてくれる。デイサービス内のようすも、世間で言われているようなステレオタイプではなく描かれていて、好感がもてた。

 観客は9割方女性、しかも50代・60代が大半と思われる。

 正司花江さんがギターを披露しているうちにそのメロディが「かしまし娘」エンディングのテーマ曲になったとき、会場からどっと笑い声があがった。その笑いのなかに、同時代を経てきた観客互いの一体感といったものを感じたのは、私の考え過ぎか。今の20・30代の人たちには「かしまし娘」、もうわからないでしょうね。

★こういうのを「元気をもらった」と言うのかも

 ショウが終わって帰る観客が、みな笑顔で満足そうなのが印象的だった。皆さんきっと、帰ったら家族に、身近な人に、親しい人に優しいことばをかけてあげようと思ったに違いない。私がそうだったように。

 それにしても、出演者の平均年齢が72歳とは。若い土屋シオンくん、tohkoさんを除いたら、いったい平均年齢は何歳になるのだろう。あのパワーは、いったいどこから? 

 こういうのって、「元気をもらった」と言うのでしょうね。*画像はネットから拝借しました。

メールカウンセリング/まさこの言葉の救急箱/http://www.na-ya-mi-ko-to-ba.com/

電話カウンセリング/ボイスマルシェ/https://www.voicemarche.jp/advisers/263/

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

© 2023 by San Alora

Proudly created with Wix.com

55分で明日が変わる、

人生を変える。 
ボイスマルシェは、

大人のための電話相談です。

 

 

 

 

 

 

↑電話でご相談をご希望の

方はこちらから。

 

カウンセラーまさこに相談したい方は下記のフォームにてお気軽に

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now